世界で1つ☆手作り結婚指輪

各社の総合評価早見表

home > 手作りの結婚指輪について > 結婚指輪を手作りする流れについて

結婚指輪を手作りする流れについて

 結婚指輪は購入するものというイメージを持っている人が多いですが、手作りをするという選択肢もあります。
手作りすることにより、思い出に残るのはもちろんなこと、完全にオリジナルの二人だけの指輪に仕上げることができます。
既製品では納得できるデザインのものが見つからないという人にも適しているのではないでしょうか。
手作りをするとなれば、難しそうというイメージを持っている人が多いことから、興味はあってもなかなか手作りはできないと考えている人が大半です。
しかし、結婚指輪の手作りはそう難しいことではありません。
ショップに相談に行けば、プロがアドバイスもしてくれて、作り方のサポートもしっかりしてくれるので安心できます。
まずは、良いショップ選びをすることからはじめましょう。


 結婚指輪を自分で作るとは言っても、ショップごとに素材に違いがあったり、指輪に対するこだわりにも違いがあるのはもちろんのこと、アフターサポートの有無や内容、そして料金の違いもあります。
良いと感じたお店を見つけたら、まずは問い合わせてみるようにしましょう。
問い合わせて予約をし、実際に足を運んで相談をしながら決めていくことになります。
どんなデザインにしたいのかという仕上がりのイメージをしてから足を運ぶと、スムーズに作業に取り掛かることができます。
結婚指輪は日々身に付けるものであり、長年身に付けることになるので、飽きのこないデザインにしておくことと、日々の生活に支障がでないようにシンプルなものにしておくことも、手作りする時のデザインを考える時には重要なポイントとなってきます。


 ショップでデザインを決めたら、いよいよ作業に取り掛かることになります。
どのくらいの時間をかけてデザインを考えたり、作る時間があるのかも考えておき、時間制限のないショップを選んでおくようにしましょう。
素材やデザインによって、仕上がりまでに必要となる期間にも差が生まれます。
シンプルな指輪ならば、作成したその日に持ち帰ることができますが、コーティングをしたりするなどオプションをつけることで、仕上げは数日後になったり数週間後になってしまうこともあります。
結婚式など、使うまでの日にちに余裕をもたせておかないと、間に合わないという事態にもなりかねません。
ショップに足を運んでから実際に受け取ることができるまでの期間は、どの程度かかるのかということを事前に確認しておくべきです。

次の記事へ

カテゴリー